東芝スイッチギア

72kVキュービクル形ガス絶縁スイッチギア(C-GIS)

東芝

■金属閉鎖形スイッチギヤとは
金属製の箱の中に開閉装置を収納したものの総称で、閉鎖階級等が詳細に規定されたJEM1425、日本電機工業会の規格に準拠し製作されたものを言います。 メタルクラッド形、コンパートメント形、キュービクル形があります。

■CーGISとは
キュービクル形ガス絶縁装置の略称であり、絶縁性能の優れたSF6ガス(六フッ化ガス)を封入し密封されているため、外部雰囲気の影響が少なく保守・点検の省力化が図れます。


東芝 スイッチギア(C-GIS)

66000V/77000V

本製品は、絶縁性能に優れたSF6ガスを低圧力で封入したキュービクルタイプのスイッチギアです。充電部は全て接地された金属箱内に密封されている為、感電の危険が無く安全です。また機器自体も外部雰囲気の影響を受けにくく、経年劣化が少なく保守・点検の省力化に大きく貢献します。あわせて従来の気中絶縁スイッチギアに対しての大幅な省スペース化をご提案する事が可能となりました。           

22kV~77kVまでラインナップしています。


24kV固体絶縁スイッチギア(SIS)

東芝

■SISとは
固体絶縁スイッチギアの略称で絶縁材料に高性能エポキシ樹脂を採用したスイッチギアです。
これまでの信頼性を維持しながら、更なる小型・軽量化・メンテナンスの省力化を実現しています。


東芝 スイッチギア(SIS)

未来へ向けての環境配慮

地球温暖化への対応が急務と叫ばれている中、従来のSF6ガスを使用しない、特別高圧スイッチギアの誕生です。                    絶縁材料に高性能エポキシ樹脂を使用。
また新操作機構であるBMA(バランス形電磁操作機構)の採用で、これまでのスイッチギアで培われた高信頼性は維持しながら、さらなる小型化・軽量化・メンテナンスの省力化も達成しました。                   
これによりリニューアル時のエレベータ搬入も実現可能です。


■ 固体絶縁スイッチギア (常用線・予備線受電 主変一次VCB)


スポットネットワーク受変電設備

東芝

電力供給の信頼性が高く、自動制御により運用が容易なばかりでなく、受電用遮断器を省略でき、コストメリット・スケールメリットに貢献。 また省保守の受配電設備としてビルなどに広く普及しています。昭和43年の初号機納入依頼、システムの改良とともに、小容量から大容量機種までのラインナップが充実されております。 近年の都市部過密地域における電気室スペースの有効活用に一役かっています。


東芝 スポットネットワーク受変電設備