電巧社の沿革-DNA-

企業展開 事業展開 時代
区分
1928年 電成社の芝本社を母体に引き継ぎ、電気工事会社を設立。 電気工事業 形成期
1941年 個人企業から有限会社へ。    
1943年   戦争による人手不足の影響で電動ドリル製造業へ転身。
1946年   戦後、物資が揃わず、製造業を断念。中古モータ販売を皮切りに、商社として東芝モータの販売を開始。
1948年 株式会社電巧社に改組。  
1961年   受変電設備納入で、東芝代理店となる。
1962年 港区芝に本社工場を建設。 正式な東芝特約店活動がスタート。製造部を設立。簡易キュービクルの量産開始。  
1963年   配電制御機器の販売を開始。   拡大期
1965年 大阪営業所(現・大阪支店)設立。  
1967年 仙台営業所(現・仙台支店)・新潟営業所を開設。  
1969年 港区海岸(現・本社所在地)に芝浦工場を建設。 キュービクル量産を開始する。
1973年   ポンプの酉島製作所の代理店となる。   拡充期
1977年   空調設備の販売を開始。  
1979年 東芝産業用配電盤
認定工場の認定を受ける。
 
1984年   IT機器の販売を開始。  
1985年 鶴見事業所を開設    
1987年   映像機器の販売を開始。  
1989年 港区海岸で本社と工場が一体となる。神奈川支店を開設。  
1994年   大阪で受変電設備の販売を拡大。  
1995年 子会社・有限会社テクノレバーを設立。 ゼロックス製品の販売を開始。  
1996年 神奈川支店・鶴見工場を本社に統合    
2000年 大阪で映像機器・IT製品の販売を拡大。  
2001年 日本配電制御システム工業会優良認定工場の認定を受ける。    
2003年 ISO 14001認証取得。
中嶋乃武也が社長就任
大型モータ・空調機器の販売を拡大。   第2創業期
2004年 大阪営業所(現・大阪支店)、靱本町へ移転。 エレベータの販売を開始。
大規模ユーザー向け代理業務を開始。
 
2005年 新潟営業所、中央区女池へ移転。    
2006年   大阪で空調事業を開始。  
2008年   パナソニック製品の販売を開始。  
2009年 行動指針「電気のコンシェルジュ」が商標登録される。    
2011年   太陽光発電の販売を開始。  
2012年 仙台支店 新社屋建設。 NEC製品の販売を開始。
スマートハウスの販売を開始。
2014年 福島営業所を開設。
電巧社(上海)貿易有限公司を設立。 ソーラーメンテナンス株式会社を設立。
SHARP製品の販売を開始。  
2015年 大阪営業所が大阪支店へ昇格 省エネ事業を本格化。
エネマネ事業者認定取得。
 
2016年 芝浦工場がISO9001(品質)認証取得。 システムインテグレーション事業を開始。